【中日ドラゴンズ】大幅戦力アップのために頑張ってほしい選手達

プロ野球

ペナントレースは143試合という長丁場です。

レギュラー野手8人だけで戦い抜くのはムリですよね。怪我もあれば不調もある。

投手陣も同じです。

開幕の時の先発ローテーション6人が最後まで崩れないとか、中継ぎや抑えの投手が1年間安定して活躍する保証はどこにもありません。

そんな時に控えの選手達がしっかりしていれば、チームは大崩れしなくて済みます。

控えの選手達の充実度=選手層の厚さだと思うのですが、中日ドラゴンズに足りないものの1つが選手層なんですよね。

レギュラークラスの選手達と控えの選手達に差があるので、怪我人が数人出てしまうと一気に戦力がダウンしてしまいます。

ここ数年の課題の1つでもあるのですが、今回は選手層の厚みを増すために頑張ってほしい選手を何人か挙げてみました。

投手陣も野手陣も、これから名前を挙げる選手達が活躍してくれたら、2年連続のAクラスが見えてくるのではないかと思います。

若手ばかりが注目されますが、若手よりもレベルアップしてほしい選手はたくさんいますよね。


選手層アップへ期待する選手達【投手陣】

かつては投手王国と言われた中日ドラゴンズ。

与田剛監督になってからの投手陣はだいぶ再整備されてきまして、王国復活まであと一歩といった感じでしょうか。

そんな投手陣の中でも特にこの選手達が活躍すれば!?という選手達を選んでみました。


小笠原慎之介投手

鳴り物入りで入団したドラフト1位も今年が6年目です。

怪我に泣かされたりして、安定した成績がなかなか残せず苦労していますね。

シーズン5勝が最高成績(17年と18年)も少し寂しい気がしますが、実は勝ち星が負けよりも多かったのは2019年のみ(3勝1敗)だけなんですよね。

怪我から完全に復活し、まずはローテーションの5番手や6番手として1年間しっかりとローテーションを守ってほしいなと期待しています。

2桁勝利とまでは言いませんが、小笠原投手が8勝くらいしてくれるとチームはかなり助かると思います。


濱田達郎投手

橋本侑樹投手が先発に転向するらしいので、左の中継ぎがもう1枚ほしいところなんですよね〜

新外国人のロサリオ投手の来日がいつになるかわかんないし、使えるかどうかもわかんない。

小笠原投手・松葉貴大投手・笠原祥太郎投手の3人のうち1人を中継ぎに回すプランもあると思いますが、だったら橋本投手は中継ぎのままでもいい気がします。

怪我をして投げられない日々が続き、ようやく一軍に帰ってきた濱田投手。

生き残るためには手薄な左の中継ぎに名乗りを挙げるのが1番いいのではないかと思います。

岡田俊哉投手も血行障害を持っていますので、濱田投手と2人でローテーションしながら、福敬登投手と3人で左の中継ぎを支えてほしいと期待します。


三ツ間卓也投手

良い年と悪い年が交互にくる選手です。

2019年は安定した力を発揮してくれたのですが、昨年は4試合の登板に終わりました。

正直、僕は昨オフに戦力外の可能性もあるかもと思っていたのですが…(三ツ間さんごめんなさい)

でも、安定している時は勝利の方程式に入ってきてもおかしくない能力は持ってると思うんですよね。

昨年、谷元投手が担っていた役割は三ツ間投手もこなすことができると思いますので、2人でローテーションするのもありだと思います。

また、2軍ではストッパーをやっていたこともある選手ですから、調子が良ければ隠れたストッパー候補かも!?


若手投手に過度に期待してもいけないと思いますので、中堅どころと言うか、ある程度プロで年数を重ねた選手に期待したいと思います。(小笠原投手は若手に入るかな)


選手層アップへ期待する選手達【野手編】

投手以上に深刻なのが野手の選手層です。

選手はいると思うんですけどね〜

名前は挙がっても活躍まではいかない選手が多いのですが、ボヤボヤしてると若手選手に抜かれてしまいます。

とは言え、若手選手達がいきなり一軍で活躍できるかと言うと今のところ可能性は低そうですので、まずは中堅選手達に頑張ってほしいところです。


遠藤一星選手

個人的に毎年めちゃくちゃ期待してるんです。

そろそろレギュラーを取ってくれー!!って感じの選手です。

バッティングも悪くないし、ホームランも年間10本は打てそうな気がするし足もある。

外野守備がもう少し安定すればレギュラーで使ってほしい選手です。

上位打線(1番から3番)でもいけると思うし、6番あたりも打てそうな気がするんですけどね…

少しムラっ気があるような気がしますが、一時期の阿部寿樹選手のように我慢して使えば結果出すと思うんですよ。

福田永将選手のホームランも捨てがたいですけど、総合力(安定さえすれば)の遠藤選手がレストのスタメンを掴んでほしいなと期待します。


井領雅貴選手

中日では数少ない代打で期待できる選手です。

数少ないというか、井領選手しかいないような現状ですけど…

そんなチーム事情もあってか『とりあえず代打井領』って感じのイメージです。

使われ方が可愛そうな部分はありますが、昨年の成績・打率2割は寂しいですね。

ホームランがないのでレギュラーの外野手としては正直言って物足りないと思いますが、代打稼業を極めてほしい選手です。

『とりあえず代打』から『代打の切り札』として試合を決める場面や流れを変える場面でしか代打のコールをされない選手になってほしいと期待します。


桂依央利選手

バッティングが良いので、レギュラー捕手というよりは『右の代打の切り札』的なポジションで期待しています。

出場機会を得るために(というか一軍ベンチに入るため)ファーストとか外野とかにもチャレンジしてくれないかなと思っています。

井領選手とともに『左右の代打の切り札』として桂選手が控えてくれれば、今までは期待薄だった試合終盤のチャンスも押せ押せムードになってくるのではないかと思います。

ここ2年は一軍で殆ど試合に出ていないので、一軍の投手相手にどれだけ打てるか未知数な面もありますが、生き残りをかけて『代打』に専念するくらいのイメージでバッティングを磨いてくれると良いなと思います。


中日ドラゴンズは守備の良い選手がレギュラー陣に多いので、守備固め的な選手はあまり必要ない気がします。

代走要因はいても良いと思いますね…と言っても代走要因になれる選手が見当たらないですけど…

若手にも大いに期待していますが、中堅どころの選手達のレベルアップにめちゃくちゃ期待しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました