中日ドラゴンズ・2021年シーズンのポイントを考える

プロ野球

昨シーズン、3位だった中日ドラゴンズ。

久しぶりのAクラス入りを達成し、今年こそはリーグ優勝へと意気込んでいます。

僕の地元の球団であり、個人的にも応援している中日ドラゴンズ。

今シーズンのキャンプでは、立浪和義さんが臨時コーチとして帯同することも話題になっています。

里崎智弘さんが自身のYouTubeチャンネルで中日を優勝予想、『時はきた!』と表現されていましたが、今シーズンの中日ドラゴンズが優勝争いできるかどうかのポイントを考えてみました。


2年連続で活躍できる選手が出てくるか


ここ数年の中日ドラゴンズ1番の課題

2年連続で活躍する選手が出てこない

これに尽きると思います。


今の中日ドラゴンズの中で複数年に渡って活躍している選手となると、投手では大野雄大投手と祖父江大輔選手の2人くらいではないかと思います。この2人に加えるなら、昨シーズンは不調でしたが岡田俊哉投手でしょうか。

野手だとビシエド選手と大島洋平選手の2人。平田良介選手も怪我が多いです。

高橋周平選手が一昨年から2年連続で活躍できましたが、京田陽太選手や阿部寿樹試合に出続けているとはいえ活躍しているとまでは言い難いですし…


昨年活躍した選手、例えば投手であれば福谷浩司投手や福敬登投手、野手は木下拓哉捕手が今年も継続して活躍できるかどうかがポイントだと思います。

昨年活躍した選手が翌年も活躍してくれないと、本当の意味で選手層が厚くなってこないと思います。

ここ数年の中日ドラゴンズは単年で活躍することはあっても継続的に活躍する選手がなかなか出てこないので、今年こそは昨シーズン活躍した選手達の継続した活躍をみたいです。


代打などの選手層の厚み


ここ数年の中日ドラゴンズはチャンスで期待できる代打がいない状態です。また、代走要員もいなくて、終盤にかけての戦術幅が広がらないんですよね。

現在の中日の代打で1番期待できそうなのが井領雅貴選手ですが、タイプ的にHRはなく、打点もシーズン通して10打点あるかないかの代打はかなり厳しいと思います。(打点に関しては、切り札的な使い方をされていないのもあります)

阪神タイガースから福留孝介選手を獲得しましたが、昨シーズンも福留選手の成績を考えると期待できるのかどうか不安です。

期待の若手の話ばかりが出てきますけど、中堅の選手達がレベルアップしないとチーム力は向上しないと思うんですよね。


個人的に、遠藤一星選手はもっと打てるし走れる選手だと思うし、堂上直倫選手も打力がもう少しUPしてくれるとチームとしては助かりますよね。

武田健吾選手や溝脇隼人選手など、バッティングさえ良くなればレギュラーも見えてくる選手達が何人もいるので、そういった選手達がどれだけレベルアップしてチーム力を上げてくれるかに注目したいです。


気になる若手選手達はどうなる?


根尾昂選手や石川昴弥選手などの期待されている若手選手達も気になるところですね〜

特に一軍スタートの根尾選手と石垣雅海選手の2人には期待です。


根尾選手自身ははあくまでショートで勝負するようですが、特に守備面で京田選手の壁は高いですし、三ツ俣選手も守備は上手い選手です。

スタメンで出ることを考えれば外野の1枠を狙うのが1番現実的だと思いますが、その為には打撃で猛アピールが必要だと思います。

名手と言われた井端弘和氏や荒木雅博コーチも出場機会を増やすために外野を守っていたこともありますし、とにかく一軍で出場機会を増やすにはどうすればいいのかを考えてキャンプ&オープン戦を戦ってほしいですね。


石垣選手はサードの守備は上手いですし、ファーストも守れたはず。このキャンプで外野やセカンドにもチャレンジして守れるようになれば、ユーテリティー性を活かして一軍入りの可能性は高まると思います。

バッティングに関しては、当たれば凄い打球が飛んでいく感じですが、確実性がイマイチ。

外の変化球に対応できればもう少し確実性も上がってくると思うので頑張ってほしいですね。


もう1人、郡司裕也選手にも期待しています。

木下選手がレギュラーの座を確実にすることでキャッチャーとしての出番は限られてしまうかもしれませんが、バッティングがいい選手なので、打力を生かして代打の切り札的な選手になってくれると嬉しいですね〜

個人的には、根尾選手・石垣選手・郡司選手の3人に今年は期待しています。




昨年Aクラスに入り、今年は期待がいつも以上に大きい中日ドラゴンズ。

地元民として、応援しています!



にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました