【中日ドラゴンズ】こんなはずじゃなかった!?レフトが決まらない問題勃発

プロ野球

練習試合が始まり、若手選手達の話題が毎日のように中スポやネットニュースに飛び交ってますね。

記事だけ見てると今までレギュラーだった選手達が総替えになってしまいそうな気になってしまうわけです。

ですが、基本的に今までのレギュラーにプレッシャーをかけることが目的で若手選手を使い続けているのだと思っています。

京田陽太選手に根尾昂選手をぶつける。

高橋周平選手に石垣雅海選手をぶつける。

平田良介選手に三好大倫選手をぶつける。

石川昴弥選手にセカンドを練習させることで阿部寿樹選手にプレッシャーをかける。

こうすることで、レギュラー陣にプレッシャーを与え、レギュラー陣の更なる飛躍を促しているのではないでしょうか。

ビシエド選手と大島洋平選手にはプレッシャーをかける必要もない(自身でしっかりと仕上げてくれる)ということでしょう。


ところで、レフトだけが空きポジションになっていませんか!?

昨年まで在籍していた外国人選手達が契約満了になったことで完全に空白になったレフト。

でも、実は新外国人選手獲得で埋まる筈だったレフト。

ところが、新たに獲得したガーバー選手が未だ来日できず…

今回は中日ドラゴンズのレフト争いについて書いてみたいと思います。

当初の計画ではこうなる筈だった!?

恐らくは、外野に関してはポジション争いがおきる筈ではなかったと思うんですよね。

キャンプが始まる前に考えていた構想は

レフト: ガーバー(ビシエドorA・マルチネス、若手選手)

センター: 大島洋平

ライト: 平田良介(ガーバー、井領雅貴or若手選手)

だったのではないかと思います。


ガーバー選手は守備も悪くなく、レフトもライトも守れるという触れ込みです。

基本線はレフトにガーバー選手、ライトに平田選手(センターは大島選手で不動のため割愛)で、平田選手が怪我または不調の時はガーバー選手をライトに回す計画だったのではないかと思います。

その場合、レフトに若手選手(又は井領選手)を起用する予定だったのではないでしょうか。

ガーバー選手が日本の野球に合わなかった場合は、レフトとファーストをビシエド選手とA・マルチネス選手で守る。

ガーバー選手もダメで平田選手もダメだった場合は、ライトに井領選手か又は若手選手(藤井淳志選手でもいい)が入る構想だったと思うんですよね。


ところが、ガーバー選手が来日時期未定。さらに、A・マルチネス選手もキューバリーグが終わらないと来日できない状況になり、計画は狂ってしまったように感じています。


平田良介の復活は絶対条件に

昨シーズン、怪我や不調などがあり全くと言っていいほど活躍できなかった平田良介選手。

平田選手はどうしても毎年怪我で離脱してしまう選手です。

ライトも守れるガーバー選手を獲得したのは、平田選手がシーズンを通して働けるかどうかが未知数だと判断してのことでしょう。

ですが、本来はキャンプやオープン戦で日本の野球に慣れる筈だったガーバー選手が来日未定。

ガーバー選手が日本の野球に慣れる時間が短くなったのと、一軍首脳陣がガーバー選手をじっくりと見る時間がなくなってしまったことで、平田選手が完全復活してくれないと困る状況になってしまったと思います。


もちろん、三好大倫選手などの若手選手が台頭してくれてもOKなのですが、平田選手の守備は捨てがたいものがあります。

平田選手の守備能力だけは若手選手も簡単に超えることはできないと思うんですよね。

僕は、広い球場であるバンテリンドーム名古屋をホームにしている以上、内野手であれ外野手であれ守備能力が低い選手は使わない方がいいと思っています。

守備に目を瞑ることができるのは『守備を捨ててでも使いたいくらい秀でたものがある選手』でないと厳しいかなと。。。

例えば、『クリーンナップ打てるくらいの打力がある』とか『出塁率がよくて且つ足が速い』とか。

そうでなければ、守備が良くて実績がある平田選手に復活してもらうのがベストだと思いますので、平田選手の復活は今シーズン・特に序盤から中盤にかけての中日ドラゴンズの成績を左右しかねないのではないかと思います。


福留孝介は救世主!?

昨オフに阪神タイガースから獲得した福留孝介選手。

久しぶりの古巣復帰になりましたが、昨年の阪神での成績を見ると、正直言ってあまり期待はできないと思っていました。

若手選手にバッティング技術を教えるのが主目的で獲得したのかなと…あわよくば代打の切り札になってくれたらいいな的なイメージでしたが…

福留選手、大変申し訳ございませんでしたm(_ _)m

このキャンプで絶好調なんですよね!

去年の成績は何だったのかと思ってしまうくらい。

今の調子を維持してくれたら、開幕からしばらくは『レフト・福留』を軸にして戦えるのではないでしょうか。

年齢的に年間通してレギュラーは厳しいと思いますが、福留選手がスタメン・レフトで試合に出ている間に、ガーバー選手やA・マルチネス選手が二軍で仕上がってこれば言うことないですね。

今のまま行くと、救世主・福留孝介になりそうな予感がします。


レフトしか守れない選手はキツい

タイトルが『レフトが決まらない問題』と書きながら矛盾するようなことを書いちゃいますが…

レフトしか守れない選手がレギュラー又はベンチに入るのはちょっと厳しいと思っています。

レフトしか守れないのであれば『打撃に相当な魅力があること』が条件になるのではないかと。。。


完全復活してほしいライトの平田選手ですが、年間フルに働けるかと言うと、正直言って厳しいと思います。

年間通して活躍してもらうには休ませながら使うのが1番良いのではないかと思うんですよね。

ガーバー選手の守備能力がどれくらいなのか分からないのと、福留選手がレフトに入ったとして、やっぱり休ませながらの出場になると思いますし。。。

…となると、控えにはレフトもライトもできる選手が優先的に選ばれると思いますので、井領選手や武田健吾選手、昨シーズンはライトも守った遠藤一星選手辺りが候補になります。

今の起用方法を見ていると、ファーストも守らせている武田選手と滝野要選手の2人に首脳陣は期待しているのかなと思いますが、僕の大好きな遠藤選手に奮起してほしいと個人的には思っています。

上記4人の中から調子の良い選手がたまにスタメンで出場機会がありそうですね(今のところ)


レフトもライトも守れる選手優先と考えると、レフトしか守れない福田永将選手にとっては今シーズンはかなり厳しいシーズンになるような気がします。

ドラゴンズには数少ない日本人の長距離砲ですが、『ロマン枠』などと言われて何年か経つうちに石垣選手や石川選手など『若手のロマン枠』が出てきてしまいました。

そろそろ年間通して結果がほしいところですが、好不調の波が激しいんですよね。

生き残るためには『外国人選手並みにホームランを打つ』か『チャンスにかなり強い』のどちらかでないと厳しいのかなと思います。

ホームランがある福田選手が5番に定着できる打線になると厚みも増すのですが、レフトしか守れないと、どうしても外国人選手との争いになるのがキツいですね。


とにかく外国人選手達に早く来日してほしい

どの球団も同じだと思いますが、とにかく外国人選手達には1日でも早く来日してほしいですね。

中日の場合、A・マルチネス選手だけでも早く来日してほしいかなと思います。

マルチネス選手が来日できて、ビシエド選手が怪我から完全復活すればレフト問題もとりあえず解決できるのではないかと思います。

ここ数年、外野手は『困った時の藤井淳志』的な使い方もしていたんですけど、どうも与田監督は藤井選手を使う気はあまりなさそうですし(報道では色々言われていますけど真偽は不明)、かと言って若手がいるかと言うとそうでもないような…

福留選手を獲得したことが結果的にものすごく大きくなりそうな、現時点ではそんな感じになっているのではないかと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました