【中日ドラゴンズ】キャンプを終えてオープン戦突入!注目したい4選手

プロ野球

プロ野球のキャンプも終わりましたね〜

東海地区は緊急事態宣言も解除されまして、オープン戦に予定通り観客を入れることができそうで何よりです。

シーズン開幕の頃には、半分くらいまではお客さんを入れてもOKの状況にできたらいいですね。


さて、キャンプと並行して行われていた2月の練習試合。

中日ドラゴンズは…ちょっと負けが込んでる状況ではあります。

練習試合とは言え、もう少し良いところを見せて欲しいなと思うのがファン心理ってものですよね。

3月に入っても今の状況が続くと開幕が不安になってしまいます。

点が取れない打線も気になりますが、失敗ばかりの盗塁も気になります。

盗塁するだけが足を使うことではないと思うのですが、盗塁企画自体が少ないチームですので、とにかくサインを出して走らせてるのかなぁ。

さて、今日はキャンプや練習試合で調子が良く、オープン戦で注目したい選手を4人挙げてみたいと思います。


注目したい選手【投手編】

投手陣は先発も中継ぎも頭数は豊富に揃ってるんですよね〜

まぁ、どのチームも頭数はいるのかもしれませんが、中日は投手の選手層はセ・リーグの中でも厚い方だと思います。

練習試合では熾烈な一軍争いが繰り広げられると思いますが、そんな投手陣で注目したい選手は3人います。


木下雄介投手

1番の注目は木下雄介投手です。

藤川球児さんが『12球団で1番良いリリーフになれる』と仰ってましたね。

藤川さんは2年前から注目していたそうです。

ストレートのスピードは150キロを超えますし、いい所に決まればバッターは手が出ないくらいの球は持ってると思います。

ただ、球種がストレートしかないと言ってもいいくらい少ないのと、コントロールが課題の投手ですね。

藤川さんも『ボール1個分低くなれば…』というようなことも仰っていましたし、コントロールさえ良くなれば一軍でも充分通用する投手になると思います。

2月の終わりには楽天の田中将大投手にスプリットを教えてもらったそうで、あのストレートにコントロールがついてスプリットが投げられるようになれば、ストッパーを任せることができるようになるかもしれないですね。

まずは、勝ちパターンの一角を担うことができるか?

オープン戦の木下投手にピッチングに注目です。


岡田俊哉投手

昨シーズンはストッパーとして開幕を迎えるも打たれてしまうことがしばしば。

シーズン序盤でストッパーを剥奪されて二軍に降格となってしまいました。

結局、最後まで一軍で活躍することができずにシーズンが終了、岡田投手にとって悔しいシーズンとなりました。


ですが、今年はやってくれそうな雰囲気があります。

実戦でも、今のところ殆どランナーは出していないという素晴らしいピッチング。

スピードがない分、球のキレで勝負するタイプのピッチャーだと思いますが(コントロールも抜群にいいわけではない)、キレが戻ってきたように思います。

血行障害を持っているので、開幕時はまだ気温が低い屋外球場のナイターでも大丈夫なのかどうかは気になるところですが、左の中継ぎは1番層が薄いポジションですので岡田投手が復活すれば頼もしい存在になってくれそうです。


小笠原慎之介投手

怪我から復帰のシーズンとなる小笠原投手。

ドラフト1位で入団したとは言え、そろそろ活躍しないと戦力外もチラついてくる6年目のシーズン。

怪我の影響もあるのか、シーズン通して活躍したことが一度もないんですよね。


何となく見た目が少しスリムになった印象を受けます。

キャンプを視察した山本昌さんが『立ち投げしてるような状態から前に踏み出していく感じに変わっている』と仰っており、投球フォームも以前に比べると変わったようです。

ストレートは150キロを超える投手ですし、球に威力はあるはずなんですよね。

小笠原投手も、コントロールがもう少し定まってこれば先発ローテーション入りも見えてくると思います。

怪我から完全に復調し、ローテーション入りなるか?

今後のオープン戦でチャンスを貰い、そこで結果を出すことができればローテーション入りも見えてくるのではないかと思います。


注目したい選手【野手編】

投手陣は楽しみな選手が多いんですけどね〜

野手は…どうなんでしょう…

期待されている選手が尽く結果が出ていないような気がします。

この時期は、バッター不利とか言われますけど、アピールしなきゃいけない選手は不利とか言ってられないですよね。

野手陣で注目なのは1人です。


根尾昂選手

今のところ、期待できそうな選手は根尾選手しかいないのではないでしょうか?(昨シーズンのレギュラー除く)

3年目の今シーズンは、練習試合でもコンスタントにヒットが出ています。

途中出場で打席が1回しか回ってこなくてもヒットが打てるのは素晴らしいと思います。

少ないチャンスで結果を残せる選手がレギュラーへ駆け上がっていく選手だと思うので、根尾選手は今まさにレギュラーが取れるかどうかの位置まできているのではないでしょうか。


オープン戦では外野守備にもつく予定だそうです。

…と言うことは、首脳陣も根尾選手を使いたいことの表れだと思うんですよね。

本人希望のショートは京田陽太選手に余程のことがない限りは守ることが無さそうな感じですが、外野は平田良介選手の調子が上がってこない場合はレフトもライトも空いてる現状ですからチャンスですね。

レフトは福留孝介選手(今のところレフトのレギュラー候補筆頭格?)と争い、ライトは平田良介選手と争うことになるかもしれませんが、今後の頑張り次第では、今シーズンの開幕から根尾選手を一軍で見ることができるかもしれませんね。



開幕まで1ヶ月あります。

今調子がいいからと言って開幕までずっと好調を続くかは分からないですし、若手選手の中にも今は調子がイマイチでも開幕に向けて調子が上がってくる選手もいると思います。

あくまでも、キャンプが終わった時点での注目選手になりますが、今回挙げた4選手がシーズンに入っても活躍してくれたら嬉しいなと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました