【開幕ローテーションを狙え!】中日ドラゴンズの先発投手陣を考える

プロ野球

気づけば開幕まであと2週間ほどになりました。

3月に入り、オープン戦は最悪のスタート(ソフトバンク戦)だった中日ドラゴンズですが、楽天戦では田中マー君から得点したりと少しずつ持ち直してきているのかなと思います。

打線は相変わらず貧打なのですが、楽天戦などはチャンスでしっかり打つ事ができていて良かったのではないでしょうか。

そして中継ぎ投手陣がいいですよね〜

開幕時の中継ぎ投手陣がどのような顔触れになるのか楽しみなのと、R・マルティネス投手が一軍に合流するまでの間、ストッパーをどうするのかも気になるところです。

1番気になるのが先発投手陣ですかね〜

開幕時の先発ローテーションがどうなるのか不安です。

今日は、中日ドラゴンズの先発ローテーションについて考えてみました。


開幕投手は福谷浩司

与田剛監督は、開幕投手に昨シーズン8勝をマークした福谷浩司投手を指名しました。

福谷投手は初の開幕投手。先発に転向して本当に良くなりましたよね。


大野雄大投手で決まりかと思われていた開幕投手ですが、与田監督が『松葉以外に開幕投手に立候補してくれる選手が…』とか言ってたので、一部報道でもあった通り、かなり早い段階で大野投手は開幕投手から外す選択をしていたのだと思います。

ホーム開幕戦となる巨人戦が恐らく大野投手の今シーズン初登板になるのではないでしょうか。

開幕投手: 福谷浩司投手

ホーム開幕戦: 大野雄大投手

この2人は、怪我でもしない限りは開幕時の先発ローテーション確定ですね。

後は開幕に向けて調子を上げてくれることを願うのみです。


4人目が白紙になり、残るは3枠

昨日のオープン戦・埼玉西武ライオンズ戦で炎上してしまった勝野昌慶投手。

実は、その前に登板したソフトバンク戦でも4回3失点だったんですよね。

その時は失点したとはいえ評価は悪くなかったのですが…

昨日の試合後は評価が一転。本人も『原因がよく分からない』とコメントしていて不安です。


恐らく、この試合の前までは勝野投手は開幕ローテーションの計算に入っていたと思うんですよね。多分、開幕5、6戦目あたりの先発予定だったのではないかと。

ところが、昨日の試合後の与田監督のコメントを聞く限りでは白紙になったのではないかと思います。

一旦2軍で調整することになるのではないでしょうか。


となると、現在決まっている先発ローテーションは3枠。

福谷投手と大野投手に加えて、柳裕也投手は既に開幕ローテーションの計算に入っていると思います。

僕の予想では開幕2戦目の先発が柳投手ではないかと思います。巨人を相当意識するのであれば開幕5戦目かもしれません。

残り2週間で先発ローテーションピッチャーを3人決めなければいけない状況は、ちょっと良くないなと思います。


残り3枠を争う投手達

では、具体的に残り3枠を争う投手が誰になってくるのか予想してみましょう。

清水達也投手

練習試合などから考えると、首脳陣の期待度が1番高そうなのが4年目の清水達也投手ですね。

ソフトバンクとのオープン戦でも2回を無失点、3者連続三振を記録するなどアピールはできていると思います。

もう一度長いイニングを投げさせてみて及第点の出来と評価されれば、開幕ローテーションに入ってくると思います。

キャンプでは評論家の評価も高かったみたいですし、現状ではローテーション候補1番手なのではないかと思います。


小笠原慎之介投手

もう1人、キャンプでの評価が高かったのが小笠原慎之介投手です。

先週の教育リーグでも5イニング無失点に抑える好投を見せていましたし、一度はチャンスを貰えるのではないでしょうか。

そのチャンスをものにできれば、開幕ローテーションの座を掴みとることができるのではないかと思います。

特に左ピッチャーの先発は大野投手以外に1人は必要だと思いますので、小笠原投手もチャンスを生かすことができればローテーションに入ってくると思います。


松葉貴大投手

開幕投手に立候補していたという松葉投手。

小笠原投手同様、左の先発ピッチャーですから可能性は結構高いと思います。

教育リーグでは5回2失点。

内容まではよく分かりませんが、この時期に5イニング投げるということは開幕ローテーション入りの可能性もあるという評価なのだと思います。

オープン戦で登板して好投することがあれば、ローテーション入り確定なのではないでしょうか。


山本拓実投手

個人的には中継ぎの方が活躍できるのではないかと思うのですが…

将来的には谷元投手が担っている役割を引き継いでほしいなと感じている投手ですが、現首脳陣は先発候補とみているようです。

雨で流れてしまいまいましたが、先週末の教育リーグで先発予定だったようです。

アピールするチャンスが1試合減ってしまったのは残念ですが、次のアピールチャンスは絶対にあると思いますので、そこで結果を出せるかどうかですね。

残り3枠中、最後の1枠に滑り込むことができるかどうかの瀬戸際にいる投手だと思います。


勝野昌慶投手

一旦開幕ローテーション入りは白紙に戻りそうな勝野投手ですが、打たれてしまう『原因』さえ分かって修正することができればローテーション入り確定だと思います。

この2週間で、原因の解明を修正できるかがポイントですね。

上記4投手よりも首脳陣の評価は高いと思いますので、しっくりきていない部分の微調整さえできれば問題なくローテーションに入ってくると思います。


その他の候補

候補を挙げるのであれば、あと数人います。

梅津晃大投手… 怪我の回復具合次第かと。某YouTubeで吉見一起さんが『痛いと感じたら大事をとってしまうタイプ』的なことを仰っていたのが気がかりです。

岡野祐一郎投手…調子が良さそうなんですけどね。今の使われ方から考えると首脳陣は中継ぎで考えているような気がします。先発候補が総崩れなら急遽試すかも。

Y・ロドリゲス投手…外国人選手の中では割と早い時期に合流していたと思うんですけど、登板した的な話は聞かないです。開幕から一軍は考えていないような気がします。



今年の中日ドラゴンズは手強いと評価する評論家も多いのですが、その理由が投手陣が良いことだと思います。

でも現実は先発投手陣に少し不安があるんですよね〜

あと2週間で不安が解消されるのか分かりませんが、開幕ダッシュを決めるためにも、もう少しファンを安心させてほしいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました