【中日ドラゴンズ】オープン戦も残り2試合。俄然面白くなってきたスタメンレフト争い

プロ野球

オープン戦も今日を含めて残り2試合。

課題が山積みの感がある中日ドラゴンズですが、昨日の試合で福谷浩司投手がいいピッチングをしてくれたことで少し安心。

後は、今日と明日の投げる先発ピッチャーが結果出してくれれば、安心度合いも上がります。

今日と明日先発で投げる投手は、開幕2戦目・3戦目の先発の可能性が高い投手ですから。

打線も2番バッターが決まらない問題もあり、本当に苦しいオープン戦となっています。

シーズンに入るにあたって不安の方が大きい現状ですが、一方で楽しみもあります。

新外国人・ガーバー選手が来日できないことで加熱しているレフトのスタメン争いです。

ここにきて3人の選手に絞られた感がありますが、来週の金曜日・マツダスタジアムでレフトを守っている選手は誰になるのでしょうか?


開幕スタメンレフトの可能性がある3選手

オープン戦最終盤になり、レフト以外のポジションは決定したと言っていいです。

捕手: 木下拓哉選手

一塁: ビシエド選手

二塁: 阿部寿樹選手

三塁: 高橋周平選手

遊撃: 京田陽太選手

中堅: 大島洋平選手

右翼: 平田良介選手


この8人はほぼ決定でしょう。

一部のファンからは京田選手のスタメンに疑問の声もあるようですが、バッティングだけでなく、守備や走塁の面で考えるとスタメンから外す理由は無いような気がしますね。

残り2試合で三ツ俣大樹選手が大活躍すれば或いは…って感じですが、多分京田選手で決定だと思います。


では、レフトのスタメンはどうなるのでしょうか?

最後の最後、この3人に絞られましたね。

スポンサーリンク

根尾昂選手

オープン戦最終盤になり、先月の練習試合の頃の調子を取り戻してきた根尾選手。

待ちに待った地元のスター候補を開幕スタメンで是非見たいと思うファンも多いのではないかと思います。

レフトの守備も無難にこなし、先日はバックホームで刺すプレイも見られました。

打撃面ではかなりの成長が見られる根尾選手ですが、走塁面が課題かなと思います。

まだまだ経験値が少ないので仕方ない面もありますが、次の塁を狙う意識が低いというか、少し判断が遅い場面が見られます。

そこが改善できれば、文句なしでスタメンレフトだと思いますよ。

残り2試合のアピールの場で、バッティングだけでなく守備や走塁の面でもアピールできるかどうかですね。

後は、今日や明日の試合で打順が9番より上に上がると、開幕スタメンに1番近いのが根尾選手なのかなと思ってしまいますね。

本人はショートで試合に出たいかもしれませんが、首脳陣は外野一本で考えているようです。

まずは外野手として試合に出続けて結果を出し、その上でショートのスタメン争いに再び参入していけば良いのではないでしょうか。


福留孝介選手

昨日から一軍に昇格し、早速指名打者でスタメン出場した福留選手。

正直言って、福留選手が6番レフトに入ってくれるのが1番良いと思います。

他の候補選手が6番を打つのはちょっと厳しいと思いますので…

6番に木下選手を置けば問題ないのかもしれませんが、首脳陣の考え方はできれば8番に捕手を置きたいのではないかなと感じています。(最悪7番に捕手)

打てる捕手が良いけれど、あくまでも捕手は投手のリードが1番の役割であって打撃面まで負担を負わせたくないのかなと思います。


福留選手の1番のネックはやはり年齢ではないでしょうか。

43歳ですから、スタメンで出続けることも体力的に難しいです。

残り2試合のバッティング内容で開幕スタメンになるかどうかの判断がされますが、福留選手がスタメンであれば

6番: 福留選手

7番: 木下選手(京田選手)

8番:京田選手(木下選手)

福留選手以外の選手がスタメンの場合は

6番:京田選手

7番:木下選手(レフトを守る選手)

8番:レフトを守る選手(木下選手)

になるのかなと思います。

実績で考えると、ガーバー選手が来るまでの間は福留選手が中心になるのではないかと思われますが、果たしてどうなるのでしょうか。


滝野要選手

キャンプが始まる前も、始まってからも注目度は低かった滝野選手。

ですが、打撃面でも走塁面でもアピールし続けて、開幕スタメンが狙えるところまで来ましたね。

外野も守れて、一塁に三塁も守ることができるユーティリティなプレイヤー。且つ足も速い。

火曜日の巨人戦では、スタメン起用に応えて満塁チャンスで貴重な追加点となるタイムリーを打ちました。

火曜日にスタメンレフトだったこと、左投手からタイムリーヒットを打ったことで開幕スタメン確定かと思っていたのですが…

その後の使い方を見ていると、

開幕一軍は確定したけれど、スタメンの可能性はちょっと低い

ような気がします。


外野守備に難がある(これが一番ネック)とは言え、外野は一応レフトとライトを守ることができて内野も守れる。打撃も良くて足も速い。

貴重な選手であることは間違いないのですが、色々できるからこそベンチに置いておきたいタイプなんですよね。

滝野選手がベンチにいることで、ゲーム終盤に向けて戦略の幅が広がるのではないでしょうか。

日本ハムファイターズの杉谷拳士選手と似たような使い方をしたくなる選手かなと思います。(性格も明るいし)


他の選手との兼ね合いで今はスタメンを外れているだけかもしれませんが、首脳陣が滝野選手の外野守備をどの程度評価しているかで開幕スタメンかどうかが決まるのではないかと思います。



二軍では福田永将選手や遠藤一星選手も調子が良いようですが、現時点で一軍に呼ばれていないところを見ると、開幕一軍の可能性はなさそう。

ですが、福田選手や遠藤選手も虎視眈々と一軍を狙っていると思います。

開幕スタメンも、開幕してからも、やっぱり今年は中日のレフト争いは面白くなりそうですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました