【中日ドラゴンズ】2022年シーズンのポイントを考えてみた


前回、2022年のプロ野球全体の注目ポイントを挙げてみましたが、今回は中日ドラゴンズのポイントについて書いてみたいと思います。

前回も少し書きましたが、今年のドラゴンズは特に大きな補強もなく現状の戦力でシーズンインすることがほぼ決定しています。

トレードなども今のところは考えていないようですので、今年1年は現有戦力の見極めになるのではないかと思います。

もしかしたら、シーズン中のトレードはあるかもしれませんが立浪和義新監督の船出はまずは戦力の見極めになりそうです。

与田剛前監督も似たようなことしてたと思いますけど、監督が変わるとやっぱり同じことするんですね〜

仕方ないとは言え、ファンとして少しガッカリしてしまいます。



さて、では具体的なポイントを挙げてみたいと思います。



スポンサーリンク

中日ドラゴンズ・2022シーズンのポイントを考えてみた


セットアッパーは誰を起用するのか?

又吉克樹投手が抜けた穴をどのように埋めるのかが最重要ポイントではないかと思います。

昨シーズン、絶対的なセットアッパーとして活躍した又吉投手がFAで福岡ソフトバンクホークスに移籍。

人的補償で、セットアッパー経験のある岩嵜翔投手を獲得。

数年前はパ・リーグ屈指のセットアッパーだった岩嵜投手も怪我をしてからの成績は下降気味。

中継ぎとして投げる体力はあり、素晴らしいストレートを持っていますが成績的にはイマイチ。

セ・リーグに移籍してもう一度輝けるかどうかはわかりませんが、岩嵜投手がセットアッパーにハマれば1番いいですよね。


その他の候補としては祖父江大輔投手・田島慎二投手・藤嶋健人投手の3人が挙げられます。

田島選手は昨シーズン怪我から復活したばかり、祖父江投手は年齢面がやや心配と考えると藤嶋投手が絶対的なセットアッパーに成長してくれるとありがたいのですが…

藤嶋投手は球のキレやテンポで抑えるタイプで、コントロールがそこまで良い投手ではないのが少し不安です。

個人的にはY・ロドリゲス投手がセットアッパーにまわると面白いと思いますが、ストッパーもセットアッパーも外国人投手にするのは長い目で見ると編成上良くないのかなぁ。

ここが決まらないと、昨シーズン鉄壁だったリリーフが崩れてしまいますから1番のポイントだと思います。


投手陣の陣容は今のところ全くわからない

野手陣に関しては秋季キャンプもありましたし、立浪監督はじめコーチ陣がメディアを通じて色々発言してくれています。

一方、投手陣に関しては全くと言って良いほど情報は入ってこず。

…というのも、投手陣を全面的に任せられるであろう落合英二コーチが秋季キャンプも不在だったため(指示は出してたみたいですけど)、中日スポーツですら投手陣に関しての記事は今のところ殆どありません。

昨シーズンの陣容がベースになるのかとは思いますが、特に先発投手陣は整備が必要だと思いますので、新たな戦力が出てくるのかどうかがポイントですね〜

また、先発から中継ぎとか中継ぎから先発へ転向する投手がいるのかにも注目したいと思います。


実はほぼ決まっている野手陣

秋季キャンプ以降の情報から推測するのですが、恐らく現時点で野手のレギュラーはライト以外全てのポジションが決まっているのではないかと思います。


もちろん、春のキャンプが始まってからシーズンインまでに変わってくることは大いにあると思いますが、恐らくはこうなっていると思います。

捕手:木下拓哉選手

一塁手:ビシエド選手

二塁手:石川昴弥選手(高橋周平選手)

三塁手:高橋周平選手(石川昴弥選手)

遊撃手:京田陽太選手

左翼手:A・マルティネス選手(阿部寿樹選手)

中堅手:大島洋平選手

石川選手とマルティネス選手が怪我することなくどれだけやれるか次第で多少は変わってくるかもしれませんが、ライト以外はほぼ決まりだと思います。

育成契約のガルシア選手がライトを守れて日本の野球に早い段階で適応すれば、支配下登録してライトのレギュラーもあるのではないでしょうか。

競争を促しているように見えて、実はそこまで若手選手が入る余地はないのかもしれないですね。


野手のポイントゲッターは3人

野手の底上げをするために欠かせないのが控え選手の存在。

レギュラー野手だけではシーズンを戦うことはできないので、控え選手の存在も重要になってくるのですが、今シーズンの鍵を握る控え選手はこの3人ではないでしょうか。


福留孝介選手

球界最年長野手になった福留選手。

今のドラゴンズには左バッターの代打が見当たらないので、代打の切り札として大きな存在です。

とは言え、40代半ばに差し掛かる年齢ですから衰えは確実にあります。

昨シーズン並みの存在感が出せるのか分かりませんが、ドラゴンズが上位浮上するためには欠かせない選手だと思います。


阿部寿樹選手

外野に挑戦中の阿部選手。

大西崇之コーチの話だと守備には問題がない様子ですので、外野の控え兼内野手の控えとして貴重な選手になりそう。

バッティングが復調してこれば右の代打の切り札的存在にもなれると思いますし、レギュラー陣を休ませるためにスタメン起用もできます(しかも複数のポジションで)

阿部選手のようなレギュラーも狙えそうな選手が控えにいるのはとても頼もしい存在になると思います。


三ツ俣大樹選手

このオフは話題になりませんでしたが、内野のユーテリティー的な選手として貴重だと思います。

同じ役割の選手として堂上直倫選手がいますが、昨シーズンの三ツ俣選手は打撃面で成長が見られ、一時期レギュラーも獲得しかけました(怪我をしてしまったのが残念)

堂上選手という地元のスター選手を押し退けて起用するのは抵抗があるかもしれませんが(特に東海地区では)、個人的には堂上選手よりも三ツ俣選手の方が代打としてポイントゲッターになる得るのではないかと思います。



春季キャンプ前の段階なので今後はどうなるのかわかりませんが、今のところ期待よりも不安の方が大きいかなという印象です。

補強をしていないので仕方ないんですけど…

コメント

タイトルとURLをコピーしました