【中日ドラゴンズ2021年ドラフト】交渉権獲得選手が決定


昨日、中日ドラゴンズが立浪和義氏に監督就任を要請したとニュースが飛び込んできました。

本人も前向きに検討しているとのことで、近々立浪新監督が誕生しそうですね。

与田剛現監督にも何かしらのポストを用意するとのことです。

与田監督、散々な言われようでしたが辞めることがほぼ決まると急に投手陣を立て直してくれたとかいう人達がネットでは多いように感じます。。。

菅首相が辞める時も思いましたけど、辞めるって決まったら急に讃賞し始めるってどうなんでしょうね…

立浪氏も結果が出ないとボロクソに言われてしまうのでしょうか…


さて、10月11日に行われたプロ野球ドラフト会議。

中日ドラゴンズは6人の選手の交渉権を獲得しました。

賛否両論あった今回のドラフトですが、皆さんはどのような感想を持たれましたか?

僕は率直に言って野手を1人減らして投手を1人増やしてもよかったのかなという印象です。

今回の中日ドラゴンズのドラフトについて思うところなどを書いてみました。



スポンサーリンク

2021年・中日ドラゴンズのドラフト


指名選手

順位名前ポジション投・打出身
1位ブライト健太外野手右投右打上武大
2位鵜飼航丞外野手右投右打駒澤大
3位石森大誠投手左投左打火の国サラマンダーズ
4位味谷大誠捕手右投左打花咲徳栄高
5位星野真生内野手右投右打豊橋中央高
6位福元悠真外野手右投右打大阪商大

びっくりするくらいの野手偏重ドラフトでしたね。

投手豊作の年に野手偏重ドラフトをしなければいけないくらいに野手は戦力不足だと認識しているのかなと思います。

中日投手陣の層が厚いからこその野手偏重ドラフトはわかりますけど、その投手陣と野手をトレードで獲得するとか考えないのかなと思うんですよね。

いつまでも投手陣の調子が良いわけではないですし、投手は何人いても困らないと思います。

もう少し、、、せめてあと1人は投手を獲得してもよかったのではないかと思いました。


どうしても獲得したかった上位2選手

1位のブライト選手と2位の鵜飼選手に関しては、正直なところ1つずつ指名順位を落としても獲得できたかもしれません。

それを勿体ないと思う人はたくさんいると思います。正直言って、僕もちょと勿体ない気がしています。

ですが、球団的にはこの2人は何がなんでも獲得したかったのでしょう。

今年のドラフトを見ていると、中日ドラゴンズ以外の球団でも独自ドラフトというかユニーク(という表現であってる?)な獲得をした球団があると思うんですよね。

楽天とか千葉ロッテとか巨人とか。。。

その影響もあってか、埼玉西武は即戦力の呼び声が高い左投手を2人獲得することに成功しました。


今年のドラフトを見て感じたことは、

自チームのウィークポイントを補強する上で絶対に獲得したい選手が1位指名や2位指名された

このことが例年のドラフトよりも顕著に現れたのではないかと感じました。


これまでのドラフトは、評論家や各チームのスカウト達の評価が高い選手を競合して1位や2位で獲得するというイメージでした。

ですが、今年は単純に能力値の高さではなく、自チームの現在の編成をよく考えた上で必要なポジションの選手の中から能力が高い選手を上位で獲得した球団がいつもより多かったように思いました。


中日ドラゴンズで言えば、強打の外野手がどうしても必要で、その中でスカウトの評価が一番高かったブライト選手と鵜飼選手を絶対に獲得したかった。

それが1位と2位に指名した理由なのでしょう。

今後も今年のようなドラフトが見れたら、これまで以上にドラフト会議が面白くなるような気がしました。


スポンサーリンク

4位指名までは納得できるけど…

3位に指名された石森投手。

独立リーグ史上初のドラフト1位指名なるか!?と注目されていた選手ですね。

中日ドラゴンズのもう1つの補強ポイントであった左投手です。

最速155キロを投げる本格派の投手ということで、大野雄大投手や小笠原慎之介投手に続く左の先発候補として期待できそうですね。

石森投手はかなり評価が高い選手で、3位で獲得できたのはラッキーだったと思います。


4位の味谷選手は強肩の捕手とのこと。

捕手は1人獲得すると思っていましたので、予定通りの獲得ではないかと思います。

理想は愛知大学の安田悠馬選手獲得だったと思うのですが、楽天が2位指名してしまいました。

指名できる捕手の中で一番評価の高い選手を獲得したのでしょう。

味谷選手の加入により、若手の石橋選手や郡司選手辺りは内野手や外野手と兼任になるかもしれないですね。


偶然にも2人とも名前の漢字が『大誠』と同じなんですよね。

『W大誠』でブレイクする日が待ち遠しいです。


5位は豊橋中央高校の星野内野手。

中日ドラゴンズがドラフトでよく指名する下位の地元指名枠ですね。

過去には藤嶋健人投手や岡林勇希選手がこの枠での指名です。昨年も5位で加藤翼投手を獲得しています。

6位指名でもよかったような気がしますが、地元の選手を最下位指名は避けたのかも。

今年のドラフトで内野手を獲得するとは思っていなかったのでびっくりしました。


そして6位は福元外野手。

外野手が3人は多いと思うんですよね。どうもタイプ的に鵜飼選手と被るような気もしますし。。。

確かに外野手が4人抜けた状況ですけど、ドラフトで3人も獲得する必要あるかな?と凄く疑問に思いました。

3人とも大卒で同じ年齢だし…

ここは投手で良かったと思うんですけど、どうなんでしょう。。。


福元選手どうこうではなく、ドラフト戦略的にどうなのかなという話です。

もしかしたら獲得したい投手がいなかったのかもしれませんが、そうであれば5位に投手で6位で星野選手を獲得はできなかったのかなと思うんですよね。


下位指名にいくに従って、疑問が出てくるドラフトになってしまった印象を持ちますが、今回獲得した野手陣から何人の選手が1軍で活躍できるか楽しみですね!


ドラフトを終えて今後の予測など

今回のドラフト会議を終えて、今後のオフの流れを予測してみました。


投手の追加戦力外はゼロの可能性も

今回のドラフトで投手の獲得が1人だったことを考えると、追加の戦力外投手はゼロかもしれないですね。

支配下から育成契約になる選手は何人かいるかもしれません。

これに関しては、育成から支配下に上げたい投手が何人いるのかによって決まってくるかもしれません。

2軍で調子が良かった垣越建伸選手辺りは支配下に復帰しそうな気もします。


FA組は全力阻止

今シーズンFA権を獲得した選手は3人でいずれも投手です。

田島慎二投手

又吉克樹投手

祖父江大輔投手

田島選手は怪我でようやく一軍に戻ってきたばかりですし、残留の可能性が高いと思います。

残す2人、特に又吉投手の流出は全力阻止しなければいけません。

どれくらい年俸を出せるかわかりませんが、絶対阻止してほしいですね。

祖父江投手は、年齢的なことを考えると地元の選手ですし残留するのではないかと思います。もちろん交渉次第では流出の可能性もありますので、しっかりと残留交渉してほしいと思います。

ドラフトを考えると恐らく3人とも残留の可能性が高いと思いますが、特に又吉選手の動向が気になりますね。


新外国人野手はどうなる?

外国人野手、ビシエド選手の残留は絶対だとして。。。

まずはガーバー選手をどうするのか?というところですが…

もしかしたら残留の可能性も少しだけあるのかもしれません。

ドラフトで獲得した大卒3人衆が未知数ですので、ガーバー選手も保険的に残しておく可能性があるかもしれません。

僕はバレンティン選手獲得の可能性があると思っているので、バレンティン選手を獲得できそうであればガーバー選手とは契約延長しないと思います。

新外国人野手獲得についてですが、獲得の可能性については予算次第ではないでしょうか。

もしかしたら、育成で獲得の可能性があるかなと思います。



ドラフトも終わり、新監督の動きも出てきて少しずつストーブリーグの話題が出始める時期になります。

ストーブリーグが賑やかなのは嬉しいことではあると思いますが、いいニュースが続くことを願います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました