【中日ドラゴンズ】2021年シーズンを振り返る(若手編)


日本シリーズも終わり、2021年のNPBは全ての日程が終了しました。

日本シリーズでは東京ヤクルトの奥川投手や高橋投手、村上選手などの若手が活躍していましたね〜

オリックス・バファローズの方も山本投手や宮城投手、宗選手などこちらも若い選手達が大舞台で活躍しました。

中日ドラゴンズも若い力がどんどん出てくるとチーム力UPは間違いないと思いますが…

ここ数年、若手の台頭は全くと言っていいほどありませんよね。

強いて言うなら、投手陣で藤嶋健人投手が安定した成績を残しているくらいではないかなと思います。

特に中日ドラゴンズの野手は基本的に遅咲きの選手が多いので、これまでも若手が次々と出てくる環境は殆どなかったと思いますが、それでも日本シリーズを見ていると若い選手がせめて1人か2人(投手野手共に)いると活気が出るなと思います。



今回は2021年シーズンの若手について書いてみたいと思います。



スポンサーリンク

中日ドラゴンズ・2021年シーズンを振り返る(若手編)


今シーズンの若手MVP

今シーズンの若手MVPは誰かと言われたら間違いなく小笠原慎之介投手だと思います。

プロ入り6年目で初の規定投球回数に到達し、自己最多の8勝(10敗)をマークしました。

打線の援護があればに二桁勝利も可能だったくらいのピッチングだったと思います。

1年間先発ローテーションを守り抜きましたし、ピッチングにも安定感が出てきました。


来シーズンは先発ローテーションの中心投手として今度こそ二桁勝利と防御率2点台を目標に更なる進化をしてほしいと期待しています。

プロ入りした時の期待度からするとまだまだ上を目指せる投手だと思いますし、周りの期待も大きいです。

大野雄大投手から左のエースの称号を奪うくらいの活躍を期待します。


ブレイクのきっかけを掴んだ選手

今シーズンの若手選手の中でブレイクのきっかけを掴んだのではないかと思う選手は2人いると思います。


高松渡選手


試合数打率本塁打打点盗塁
78.2500415

1人目は高松渡選手です。

機動力野球の目玉選手として開幕から1軍に帯同し続けました。(結局、チームとして機動力をそこまで発揮することはありませんでしたが…)

足だけでなく、バッティングセンスもあると感じさせてくれましたね。

ミートするのは上手いと思いますので、パワーさえついてこれば長打も打てるようになるのではないかと思います。

今シーズン放ったヒット28本のうち、長打は二塁打1本だけというのは寂しいですね。

また、盗塁が15ありますが盗塁刺も9あります。

足の速さが特徴の選手が盗塁成功率6割というのは少し低いかなと感じます。

牽制刺も度々ありましたし、走塁技術をより磨くことで足のスペシャリストとしての道は開けてくるかと思います。バッティングに磨きをかければ代打としても戦力になりそう。

守備が上手くないのでレギュラーへの道のりは長そうですが、代走要員や代打要員として一芸に秀でた選手になれる素質は現時点で充分にあると思いました。


岡林勇希選手


試合数打率本塁打打点盗塁
24試合.254042

2人目は岡林勇希選手です。

シーズン終盤に一軍に昇格し、スタメンにも名を連ねることが度々ありました。

バッテイングセンスが良いというか、簡単にヒットを打つんですよね。

数少ないチャンスをしっかりとものにできそうで、岡林選手のように少ないチャンスで結果を残すタイプは一軍の主力に定着しやすいのではないかと思います。

足も速いですし、体力さえつけば来シーズンは開幕一軍も手が届くのではないでしょうか。

外野は大島選手以外の2人が全く決まっていない状況ですし(外国人選手の補強次第なところはある)、秋季キャンプではセカンドも挑戦しているみたいですけど、外野の一角を担うくらいの能力は充分あると思います。

大島洋平選手と1、2番コンビを組むのも面白いのではないでしょうか。


今シーズンの結果を元に考えると、現状は上記の2人が主力の仲間入りに一番近い位置にいると思います。

首脳陣が変わったことによりどうなるかは分かりませんが、若手の中では今シーズン一番いい経験をした2人だと思いますので、この経験を来シーズンに是非生かしてほしいですね。


スポンサーリンク

面白そうな若手選手

出番はそこまで多くはありませんでしたが、面白そうだなと感じた選手は2人です。


森博人投手


試合数投球回奪三振自責点防御率
10121543.00

1人目はドラフト2位ルーキーの森博人投手です。

シーズン終盤に一軍を経験する意味合いを込めた昇格だったように思います。

12イニングで15奪三振は素晴らしい!!

一方で12イニングで被安打11と与四死球9は大きな課題として残りました。

経験の少なさからマウンド捌きがぎこちなく、ストライクとボールがはっきりした場面も多かったですが、慣れてこればより重要な場面で投げられる素質もあると思います。

三振が取れるピッチャーって魅力的だと思うんですよね〜

特にリリーバーの場合は。。。

来シーズンは是非、今シーズン藤嶋投手が担っていた役わりを担うくらいの活躍を期待したいですね(藤嶋投手は勝利の方程式に入るくらいの活躍をしてほしい)


土田龍空選手


試合数打率打点四球
9.40022

2人目はこちらもドラフト3位ルーキーの土田龍空選手です。

売りだった守備でやらかしてしまい9試合のみの出場で二軍に落ちてしまいましたが、その9試合で残したインパクトが凄かった!

7打席しか打席数がないにも関わらず、打点2と四球2は高卒ルーキーの数字にしては驚異的だと思うのは僕だけでしょうか。

特にフォアボールをしっかり選べるって凄いと思うんですよね〜

守備でやからしたと言っても慣れないセカンドでしたし、長打が打てるようになれば来シーズンの開幕戦で普通にショートかセカンド守ってそうな気がします。

空いてるポジションの1つであるセカンドのレギュラーに一番近いのは土田選手かもしれませんよ。

現時点で7番辺りで出場できそうな気がしますし、大島選手に代わって1番を打てるくらいの能力はありそうな選手だと思います。


スポンサーリンク

根尾選手はまだまだ時間がかかりそう

今シーズンは開幕一軍の切符を掴んだ根尾昂選手。

その後は外野手として前半戦は一軍に帯同。その後二軍で調整し、最終盤で再び一軍へ。

最後はショートを守るなど78試合に出場しました。

プロ入り初本塁打を記録しましたが、打率は.178と2割に満たない数字でシーズン終了。

打率の割に打点16は勝負強いバッターだと思いますが、166打数30安打は寂しい数字ですよね。盗塁も3回企画して全て失敗というのも寂しい。

秋季キャンプで立浪新監督や中村紀洋コーチがかなり期待して指導しているようですが、僕はまだまだ時間がかかるのではないかと思います。

見た感じ体の線も細そうですし、守備位置も本人はショート希望のようですが首脳陣は外野で考えてるっぽいし…

守備も走塁も打撃もやることが多すぎるような気がするんですよね。


能力が高いのは間違いないと思いますが、かつての山﨑武司さんや森野将彦コーチのように8年目くらいでブレイクの兆しを見せて10年目くらいで開花するくらいの長い目で見る必要があるのではないかと思います。

中途半端に一軍に帯同させると外野の守備要員に落ち着いてしまいそうなので、一軍と二軍を行ったり来たりしながら1つずつ課題を克服させていく方が、最終的にブレイクの近道になる気がします。

外野が色々うるさいので変なプレッシャーをかけないように見守りたいです。

最短で大島洋平選手が衰えてくるであろう2年後くらいに、遅くとも高橋周平選手が30代半ばに差し掛かる6年後くらいに主力になってくれればOKなのではないでしょうか。



正直言って僕は中日ドラゴンズの若手選手達がブレイクするにはもう少し時間がかかると思っています。

来シーズン、僕の予想を裏切って沢山の若手選手達が活躍する姿を見ることができると嬉しいです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました