【又吉投手が福岡ソフトバンク移籍】人的補償のプロテクト28人を予想してみた


先々週と先週の記事で又吉克樹投手のFA移籍は静観して見守りたいとか、中日残留の可能性もあるとか書きましたけど…

あっという間に福岡ソフトバンク移籍が決定してしまいましたね…

あまりにもあっさりしすぎていて、それはそれで今後FA権を取得する選手が次々に移籍してしまわないか心配になるくらいです。

又吉投手、今までドラゴンズの勝利に貢献いただきありがとうございました。ソフトバンクでも頑張ってくださいね。


さて、CランクなのかBランクなのか分からないと言われていた又吉投手ですが、どうやらBランクだった模様。

球団の首脳が『現場とも話し合いながら人的補償か金銭かを考えたい』と言っていた記事がありましたので、Bランクで間違いないと思います。

金銭の可能性は低いと思いますので、高確率で人的補償だと思います。

そこで、今回は福岡ソフトバンクホークスのプロテクトリスト28人を予想してみたいと思います。



スポンサーリンク

福岡ソフトバンクホークスのプロテクト枠を予想してみた


プロテクト枠について

FA移籍(国内FA)した選手がいる場合、移籍元は移籍先に対して人的補償を選択すると移籍先の選手1人を獲得することが可能になります。

移籍先は28人のプロテクト枠名簿を作成して移籍元へ提出。

移籍元は名簿に名前がない選手の中から1人の選手を指名・獲得できるシステムです。

・外国籍選手

・育成契約の選手

・今秋のドラフトで獲得した選手

上記3パターンに当てはまる選手は人的補償の対象外ですが、複数年契約を結んでいる選手や今オフにトレードなどで既に獲得している選手はプロテクト対象になります。


28人のプロテクト枠を予想してみた

では、実際に28人のプロテクト枠を予想してみたいと思います。

まずは確実にプロテクトされるであろう選手からです。


野手で確実にプロテクトされるであろう選手

正直言って野手で確実にプロテクトされるであろう選手はさほど多くないと思います。

というのも、今秋のドラフトで中日ドラゴンズは外野手を3人指名している上に根尾昂選手を始め何人かの選手が外野に挑戦する予定です。

よって外野手は殆どプロテクトする必要はないと思います。


また、2年連続ベストバッテリー賞を受賞している木下拓哉捕手がいる上に今秋のドラフトで捕手を1人指名しています。

よって、わざわざ第2捕手を人的補償で獲得する必要もないので捕手も最低限でOK。


内野手はセカンドが空いていることもあって、特に打撃に魅力がある選手が漏れていれば指名の可能性があると思いますが、投手との兼ね合いもあるのでどこまでプロテクトするか難しいところですね。

以上のことから、確実にプロテクトされるであろう野手を予想してみました。


<捕手>
甲斐 拓也選手栗原 陵矢選手
<外野手>
中村 晃選手柳田 悠岐選手
<内野手>
松田 宣浩選手今宮 健太選手
周東 佑京選手牧原 大成選手

内野手で何人かプロテクトするか迷う選手がいますが、『絶対に獲得されたくない選手』と考えると上記8選手になるのかなと思います。


スポンサーリンク

投手で確実にプロテクトされるであろう選手

野手で確実にプロテクトされる選手を8人と予想しましたので残る枠は20人。

次は投手で確実にプロテクトされると予想される選手です。


まずは、主力中の主力と思われる4投手ですね。

東浜 巨選手石川 柊太選手
森 唯斗選手千賀 滉大選手

続いて、左腕投手達は人数も少なく貴重な戦力だと思いますのでプロテクトです。

大竹 耕太郎選手和田 毅選手
大関 友久選手古谷 優人選手
田浦 文丸選手嘉弥真 新也選手
笠谷 俊介選手

最後に、ここ2〜3年の成績が安定して良い投手達と、先発でも中継ぎでも任せられそうな使い勝手の良い投手達をプロテクト。(安定して成績が良い=数字が安定している選手)

津森 宥紀選手武田 翔太選手
高橋 礼選手板東 湧梧選手
泉 圭輔選手

全部で16人の投手を予想してみました。

これだけプロテクトしてもソフトバンクの投手陣にはまだまだ良い選手がたくさんいますよね。(野手もだけど)

本当に選手層が厚いチームだなと痛感します。

ここまでで24人の選手をプロテクト予想です。

残る枠は4人。ここがかなり難しいのですが予想してみます。


残る枠は誰になる?

残り4枠に該当する選手は誰になるのか?

まずは残り4枠に該当する可能性のある選手を挙げてみたいと思います。

<投手>
岩嵜 翔選手甲斐野 央選手
田中 正義選手高橋 純平選手
<内野手>
明石 健志選手井上 朋也選手
リチャード選手野村 大樹選手

少し下り坂に差し掛かっているようにみられるベテラン2人、期待値はかなり高いけれど怪我の影響等で隔年しか投げることができていない投手達、松田選手の次を担う内野手3人を挙げてみました。

上林 誠知選手も候補にあげようか迷いましたが、外野手に関しては『確実に来シーズンのクリーンナップが打てそうな選手』でもない限りは中日ドラゴンズは獲得しないだろうと思いますのでプロテクト外になると予想します。


さて、上記選手達の中だと上林選手と同じ理由でプロテクト外になりそうなのが明石選手ですね。

セカンドは空いていますが、明石選手はクリーンナップを打てるタイプでもないですし、年齢的にも中日が獲得する可能性は低いとみてプロテクト外ではないかと思います。

では、同じ理由で残る3人の内野手がプロテクト漏れかと言うとそこはちょっと違うと思っていて…

中日的にも若くて打撃に魅力がある選手、特に3塁手は魅力的です。

高橋周平選手を将来的にセカンドコンバートもできるし、石川昴弥選手のライバルとして高いレベルで競争させることもできますからね。

ソフトバンクとしても松田選手の年齢を考えると後釜は早急に何とかしなければいけない課題ですので、若い3人のうち1人を獲得されるのは嫌がるような気もします。

ですが、、、守備に難があると言われている野村選手を打撃が魅力という理由だけで獲得するとは考えにくい。。。

よって野村選手をプロテクト外にしてリチャード選手と井上選手をプロテクトと予想。


スポンサーリンク

残る2人は投手ですね。

岩嵜投手はここ数年の成績はそこまで良くないのですが、中継ぎとして投げる体力はあると思います。ベテランと言ってもまだ30代前半ですし…

ですが、又吉投手も獲得しましたし、若い中継ぎ投手もいるのでプロテクト外かなと思います。


残る3人の投手ですが、田中投手はようやくドラ1の片鱗を見せ始めている段階なのでここで手放すような事態は避けたい。

甲斐野投手は3人の中で最も一軍での登板実績があるのですが、防御率はそこまで良くないんですよね。

高橋投手は怪我さえなければ安定した成績を残してくれそうなのですが、何せ怪我が多い。

すご〜く迷うところですが…

首脳陣の3投手への期待度(怪我の状態や怪我をしやすい体なのかを含めて)次第かなと思います。

ちょっと絞りきれないですね。。。この3人のうち誰か1人だけプロテクト外としか言いようがないです。

個人的には可能性が1番高そうなのが怪我が多い高橋投手なのかなと思いますが…

中日ドラゴンズが過去に獲得したくても獲得できなかった地元出身のドラ1・高橋投手をプロテクト外にすることで、他のプロテクト外選手を守にに行く作戦はあるかなと思います。



どの選手を獲得するにせよ、中日ドラゴンズに移籍が決定した選手は応援したいですよね。

その前に本当に人的補償を求めるのか知らんけど…


コメント

タイトルとURLをコピーしました